読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Empowerment Engineering

内発的動機づけをソフトウェア開発の力で支援する

人の知識・技術・技能と成果を伴う成長

内発的動機づけ 熟達 目的

f:id:tbpg:20170214234153j:plain

人の知識・技術・技能と成果を伴う成長について考えてみます。

成長( Growth )とは?

成長(せいちょう、英: growth)とは、生物や物事が発達し大きくなることをいう

「成長」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』- 2016年11月11日 (金) 14:49 https://ja.wikipedia.org/wiki/成長

知識( Knowledge )

知識(ちしき、英:knowledge、独:Wissen、仏:connaissance)とは、認識によって得られた成果、あるいは、人間や物事について抱いている考えや、技能のことである。

「知識」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』- 2016年7月20日 (水) 10:54 14:49 https://ja.wikipedia.org/wiki/知識

技術( Technique )

ものごとを取り扱ったり処理したりするときの方法や手段。および、それを行うわざ[2]。ものごとをたくみに行うわざ[3]。社会の各分野において、何らかの目的を達成するために用いられる手段・手法。

「技術」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』- 2016年8月30日 (火) 20:03 https://ja.wikipedia.org/wiki/技術

技能 ( Skill )

スキル(skill) とは通常、教養や訓練を通して獲得した能力のことである。日本語では技能と呼ばれることもある。。生まれ持った才能に技術をプラスして磨きあげたもの

「スキル」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』- 2016年10月7日 (金) 19:32 https://ja.wikipedia.org/wiki/スキル

f:id:tbpg:20170214234158j:plain

まとめ

ここまでを踏まえて、成果を伴う成長を生み出すにはどうすればよいか考えてみました?

何か物事を成し遂げるには 技能 が必要になります。
技能を身につけるには 知識・技術 を身につけ、その上で 実技を通して訓練する 必要があります。
ここまできてようやく成果を出すための条件となる技能が身につきます。

その上で 実戦経験 を積み、 振り返り を行いながら改善をしていくことで
成果を出すことができるのではないでしょうか。
そして、その成果を偶然ではなく生み出せるようになった状態は「成果を伴う成長」ということができそうです。

f:id:tbpg:20170214234204j:plain