読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Empowerment Engineering

内発的動機づけをソフトウェア開発の力で支援する

熟達パターンカタログ - ゴルディロックスの仕事をする

熟達 内発的動機パターンカタログ

f:id:tbpg:20161128235550p:plain

パターン名

ゴルディロックスの仕事をする

ゴルディロックスの仕事とは 簡単すぎず難しすぎない仕事 です。

ゴルディロックスの仕事に関する詳細は下記を参照ください

empowerment-engineering.hatenablog.com

この記事は「はてなお題」として作成しています

blog.hatena.ne.jp

イラスト

f:id:tbpg:20161128235550p:plain

状況

簡単すぎる仕事、難しすぎる仕事ばかり与えられている

問題

簡単な仕事は新たに得るものがないため熟達につながらない。
難しすぎる仕事は達成が困難で熟達につながらない。

要因

  • アサインする側がゴルディロックスの仕事の重要性を理解していない
  • アサインする側が相手の力量を把握していない
  • アサインされる側が挑戦するマインドがない
  • アサインされる側が自分の力量を伝えることができていない
  • 組織として様々なレベルのタスクを用意しにくい業務内容になっている

解法

ゴルディロックスの仕事の重要性を各自が理解し、
可能な範囲で各自にゴルディロックスの仕事が行き渡るようにする

行動

  • アサインする側がゴルディロックスの仕事の重要性を理解する
  • アサインする側が相手の力量を把握する
    • 1 on 1 の実施
  • 挑戦するマインドをもった人材を採用する
    • マインドは短期的に変えることが難しいのですでに採用済みの場合は対応が難しい
  • アサインされる側が自分の力量を伝える
    • 他のメンバーが伝えることの重要さをアドバイスする
  • 組織として様々なレベルのタスクを用意しやすくする
    • 業態として熟達を必要としないような場合は、そもそも熟達の話との関係性は薄い

結果

プラスの結果

  • 各自の力量が伸びやすくなり、ほどよい難度によって挑戦と達成感のループが発生して継続的にやる気が高まる

マイナスの結果

  • 組織内の人材レベルが揃って高い場合に、簡単すぎるタスクをどう扱うか困る

メモ

  • ほどよい仕事を常に用意する、というのは業務内容によっては難しい
  • 各自が 課題の自由手法の自由 を持っている場合は担当者レベルで課題のレベルをコントロールしやすくなる