読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Empowerment Engineering

内発的動機づけをソフトウェア開発の力で支援する

熟達パターンカタログ - 拡張知能観のマインドセットを持つ

f:id:tbpg:20161119002105p:plain

熟練して上達することです。 そして、熟練とは十分に慣れていて上手なことです。

詳しくは下記の記事を参照ください。

empowerment-engineering.hatenablog.com

では熟達のために必要な条件、環境、スキルなどはどのようなものか? パターン・ランゲージの形式で知見を集めたいと思います。

フォーマットは以下です。

名称 内容
パターン名 パターンの名称。
コミュニケーション時に利用するので簡潔であること
イメージ パターンのイメージを表す図やイラスト。
画像の力で内容を把握しやすく、記憶しやすくなる
状況 どんな状況のときに起こる事象か
問題 どんな問題か。
Forces に比べると抽象的な内容
要因 問題が発生してしまう具体的な要因
解決 どのように解決するか。
Actionsに 比べると抽象的な内容
行動 問題を解決するための具体的な行動
結果 解決した結果起こること。
良い影響、悪い影響双方について考える

イメージについては苦手な方もいると思うので省略可能です。

パターン・ランゲージについて、より詳細については下記の記事をご確認ください

empowerment-engineering.hatenablog.com

この記事ははてなお題として作成しています。

blog.hatena.ne.jp

最初の例として1記事書いてみます。

パターン名

拡張知能観のマインドセットを持つ

イラスト

f:id:tbpg:20161119002105p:plain

状況

固定知能観をもっている。能力は天性のものと考えている。

知能観 考え方
固定 能力は天性のものと考える
拡張 能力は伸ばすことができるものと考える

問題

本来能力は後天的に伸ばすことができるものだが、
伸ばすことができないものだと考えている。

要因

  • 成功体験が少ない
  • 能力は天性のものだと考えてしまうような環境
    • 努力ではなく能力を褒める
    • 能力は伸ばすことができることをみせる人が近くにいない
    • 間違えることは恥ずかしいことだと伝える
    • 欠点を認めない

解法

能力は伸ばすことができるものだと考えるような環境を与える

行動

  • 成功体験を与える
  • 能力は伸ばせるものだと考えることができる環境
    • 能力ではなく努力を褒める
    • 能力は伸ばすことができることをみせる人が近くにいる
    • 間違えることは恥ずかしくない。挑戦すれば失敗はつきもの。むしろ失敗は良いことであることを伝える
    • 欠点を認める

結果

プラスの結果

  • 拡張知能観によって、熟達への努力へのモチベーションが高まる

マイナスの結果

  • 特になし

メモ

長期的な積み重ねの影響であるため、ある程度歳をとってからの
方向修正はとても難しいと思われる。